狩人の飯を喰ふ

昨日、両親と高校生の弟(僕には高校生の弟と中学生の弟が2人いるが便宜上前者を弟1、後者を弟2とする)その弟1と岩木山にあるホテルにマタギ飯なる釜飯を食べに行った。マタギとは狩人の事で、彼らが好んで食したのでマタギ飯、と言うらしい(アプティネット参照https://www.aptinet.jp/Detail_display_00003516.html?id=00003516&t=0)

 

日曜日ということもあってか、岩木山は人だらけ。

f:id:melomelooon:20180917212532j:image

f:id:melomelooon:20180917212536j:image

マタギ亭の数々の料理の材料がマタギ飯(?)を食している顔ハメパネルが面白かった。

 

ここでは先に注文してからホテル内の温泉に入り、その間に出来たマタギ飯を食べるのが定番だ。今回、温泉に入ったのは僕と父の2人。女湯はこれまた人だらけで、狭い浴場で3つ設置された洗い場は常に満席、加えて湯船には必ず誰かが入っている状態。前に来た時は自分と母の貸切だったので辟易しながら入浴する。人の入った湯船に洗った体を浸けるのが嫌で入らずシャワーを浴びただけで上がり、蒸し暑い脱衣所で服を着替えて髪を乾かしてすぐに出た。入浴後喉が渇いていたのでポカリスエットを500ml飲む。

父と合流後、母と弟1を待つが連絡しても中々返事が来ずにいたところ、先に食べてるよ、と母からのLINEが入り食堂へ。すぐに料理が運ばれて来た。ご飯が蒸れるまで5分待ち、ようやく飯にありつく。

f:id:melomelooon:20180917213813j:image

右の釜飯がマタギ飯、左は土瓶蒸し。真ん中の黄色いのがたくあん。

大変美味でした。元々混ぜご飯が好きなので、醤油味付けのご飯のマタギ飯は僕好みの料理だ。舞茸が大きくて食べ応えがあり、お腹がいっぱいになった。土瓶蒸しもスープが鶏肉の出汁が出ていてこれまた僕好み。前回の2年前は食べる罪悪感が勝ちちっとも美味しく感じなかったが、今回は美味しくいただけた上に満腹感も味わえて、摂食障害がだいぶ寛解したなあと感じた。

 

帰りに弟2へのお土産(嶽きみ、名物のとうもろこし。甘くて美味しい)を購入し、嶽きみソフトクリームを食べて帰宅。夜は20時に床に就き翌朝10時まで眠った。たまの遠出は大変に体力を使う。 今日はジムに行こうと思っていたが予定を変更して1日家に居た。明日はきっと行こう。

そういえば、前に近所の喫茶店に行くと言ったのにまだ行けていない。近いうちにお金ができたら行きたい。